少女が風船に託したサンタへのお願い、国境越えて米夫婦が夢かなえる

風船に託したサンタへのお願い、国境越えて米夫婦がかなえる

(CNN) 米アリゾナ州の男性が犬の散歩中に、手紙の付いた風船を発見した。手紙の内容は小さな女の子のクリスマスの願い事。男性はその夢をかなえようと、国境を越えて女の子を探し始めた。

手紙を拾ったのはアリゾナ州パタゴニア近郊に住むランディ・ハイスさん。茂みの中に落ちていた破れた赤い風船に目を留め、よく見ると、ひもの先に手紙が付いているのに気付いた。

手紙はスペイン語で、ダヤミさんという名の少女のクリスマスの願い事が書かれていた。おもちゃや衣類、マジック、絵の具、塗り絵の本が欲しいという内容だった。

「子どものクリスマスのお願いを無視するわけにはいかない」「小さな子どもが、誰かがかなえてくれることを願って手紙を書いた。その願いをかなえるために、出来る限りのことをしなければならないと思った」。ハイスさんはCNN系列局KPHOの取材にそう語った。

風船は、同地から30キロ以上離れたメキシコのノガレスから来たらしいことが分かった。妻に訳してもらった手紙は「あなたにできることを届けてください」と結んであった。

少女の願いに心を打たれた夫妻は、ノガレスのラジオ局XENYに連絡を取り、少女探しを手伝ってほしいと依頼。同局司会者のセサル・バーロンさんは19日、SNSに写真を掲載して一般からの情報提供を求めた。

この投稿が大きな反響を呼び、わずか1時間で、手紙を書いたダヤミさんの父親を見つけることができたという。

父親から連絡を受けたバーロンさんは、その日のうちにハイスさんに知らせた。ハイスさんからは即座に、「できるだけ早くプレゼントを届けたい」と返事があった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]