黒人の学生レスラーにドレッドヘアの断髪強要、選手派遣中止に 米

審判が学生レスラーにドレッドヘアの断髪強要、米

(CNN) 米ニュージャージー州で行われた高校生のレスリングの試合で、審判が黒人選手にドレッドヘアを切るよう強要する場面があった。これを受けて地元学区は緊急会議を開き、この審判が裁く試合への選手派遣を中止する方針を決定した。

アンドリュー・ジョンソン(16)さんは今月19日の試合で、ドレッドヘアを切るか試合を放棄するか選ぶよう迫られた。週末には、トレーナーによる断髪の様子をとらえた動画も拡散し、人種差別との批判が広がっていた。

地元メディアによると、ジョンソンさんは延長戦でこの試合に勝利している。

学区の責任者は、動画の内容に深い懸念を覚えるとし、一連の出来事に関して情報収集を行っているところだと説明。今後この審判が裁く試合には選手を出場させない方針を州体育協会に伝えたと明らかにした。

アンドリューさんの弁護士は会議で、本人や家族は断髪を行ったコーチ陣を擁護していると強調。「悪いのは審判だ。なぜアンドリューさんにあのような出来事が起きたのか、今でも分からない」と語った。

この出来事が起きる前の週は、アンドリューさんは問題なく試合に臨んでいたという。

全米州立高校協会のレスリングに関する規則集によると、選手の髪の毛はシャツの後ろの襟や耳たぶ、まゆ毛にかかってはならないとされる。

アンドリューさんは審判に対し、髪を後ろに流すこともできると説明したものの、審判は許可せず、断髪か試合放棄かと迫っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]