旅客機のトイレに胎児の遺体か、清掃員が発見 米空港

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラガーディア空港で駐機するアメリカン航空機=2010年12月/Getty Images

ラガーディア空港で駐機するアメリカン航空機=2010年12月/Getty Images

(CNN) 米ニューヨークのラガーディア空港に到着したアメリカン航空機のトイレから、「人間の胎児のようなもの」が見つかったことが8日までにわかった。同航空の報道担当者がCNNに語った。

同機は米ノースカロライナ州シャーロットを出発し、6日の夜遅くニューヨークに到着。翌朝5時に予定通り清掃作業が行われた。

見つかったのは胎児の遺体とみられる。清掃員はただちに上司に報告し、上司が警察に通報したという。

ニューヨーク検視当局の報道担当者も「機内で胎児の遺体が見つかったとみられ、捜査している」と確認。捜査が完了した時点で結果を発表すると述べた。

アメリカン航空は、積極的な姿勢で捜査に協力しているとの声明を出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]