ファーストクラスに格上げを 乗客の「口説き文句」あれこれ

2015.08.09 Sun posted at 17:05 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 英航空大手ヴァージンアトランティック航空はこのほど、乗客サービスの一環として実施している「ファーストクラス」席への格上げを求める乗客の言い分で最も目立つのは、ヴァージングループの創業者リチャード・ブランソン氏との架空の交友関係だったとの社内調査結果を公表した。

調査は同航空の乗務員や地上職職員が対象。「ブランソン氏はアップグレードを約束してくれた」との主張も多かった。また、誕生日や新婚旅行、身長が高い乗客の場合は足元のゆったりしたスペース確保などの理由もよく聞かれるという。

調査結果では、乗務員や社員が気に入ったとする座席格上げを促す言い訳も紹介。「生まれたばかりの赤ちゃんが閉所恐怖症」や「米ラスベガスで有り金全部すり、アップグレードが必要」の他、「(サッカー)のマンチェスター・ユナイテッドが負けて動転している。気を取り直すためのスペースが必要」などの口説き文句が含まれた。

「妻が妊娠中で、フライト中にストレスが高まるので格上げを」との説得もあった。

ただ、これらの言い分でファーストクラス席などが確保出来たわけではなく、結論から言えば大抵退けられている。無料のアップグレードを申し出るのはまれで、幸運にあずかるのはマイレージプログラムに参加し同航空を再三利用する律儀な乗客が多いという。

メールマガジン

[PR]