3Dプリント銃のダウンロードが合法に、裁判で和解 米

3Dプリント銃のダウンロードが合法

3Dプリント銃のダウンロードが合法

(CNN) 米国で、銃所持の権利支持者らと政府が裁判で和解に達し、8月1日から3Dプリント可能な銃の設計図をインターネット上に投稿できる見通しとなった。米国民はこれにより、合法的に3Dプリント銃をダウンロードできるようになる。

裁判で争っていたのは「ポスト左翼無政府主義者」を自称するコディ・ウィルソン氏。2013年に3Dプリント用の拳銃の設計図を投稿したのをきっかけに、数年にわたり法廷闘争が続いていた。

この銃はほぼ全ての部品が、レゴの素材と同じABSプラスチックで造られていた。金属を使用している部分は撃針と金属片1枚で、金属探知不可能な火器の製造などを禁じる法律に従う目的で組み込まれている。

一方、米国務省はウィルソン氏と同氏の非営利団体に対し、設計図は国際武器取引規則(ITAR)に違反する可能性があるとして、ネット上から削除するよう要請した。ITARは国防関連の機器などやサービス、技術データの輸出を規制している。

当局の主張の骨子は、米国の武器輸出先となっていない国で何者かが設計図をダウンロードし、自ら銃を製造する恐れがあるというものだった。

ウィルソン氏は当局の要請に従ったものの、ファイルは既に数百万回ダウンロードされていたと主張。15年に連邦政府を提訴した。

今回の和解は6月29日付で、ウィルソン氏らに設計図やファイルおよび3Dドローイングの配布を許可し、輸出規制の適用を免除する内容。政府はまた、ウィルソン氏の訴訟費用4万ドル(約450万円)などを支払うことにも同意した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]