92歳母が72歳息子射殺、養護施設入所に反発 米

92歳の母親、72歳の息子を射殺 米

(CNN) 米アリゾナ州マリコパ郡の捜査当局は5日までに、高齢者向けの養護施設に入れられるのを嫌がり72歳息子を殺害した疑いがあるとして92歳母親を逮捕、訴追したことを明らかにした。

息子の遺体は同州ファウンテンヒルズの自宅内で見付かった。容疑者は第1級殺人、加重暴行や拉致の罪に問われている。

同郡の保安官事務所の声明によると、容疑者は衣服のポケットに短銃2丁を隠し持ち、息子の寝室で複数回発砲したという。

裁判所に提出された捜査資料によると、犯行時に息子の部屋に居合わせていた恋人の女性は容疑者が息子に対し自らへの仕打ちの不満をぶつけていたと証言。同声明などによると、容疑者は犯行時、銃を女性に向けてもみ合いとなって銃を失った後、別の銃を服から取り出してもいたが女性が手からはたき落としたという。

この後、容疑者は安楽椅子に座り込み、急行した捜査員に逮捕されていた。自宅から連行される際、「あなたは私の人生を奪った。私があなたの人生を奪ってやった」との趣旨の言葉を口走ったという。

地元のCNN系列局「KPHO」によると、警察は息子の殺害を数日間計画していたと見ている。

KPHOによると、容疑者と息子、恋人の女性は約半年前に現場となった民家に移り住んでいた。裁判所資料によると、容疑者は取り調べに凶器の銃2丁のうち1丁は1970年代後半に自ら購入し、別の1丁は夫からもらったと供述している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]