1日で21人が銃撃の被害、2人死亡 治安改善したはずのシカゴで

米国第3の都市シカゴで、1日に14件の銃撃事件が発生し2人が死亡した

米国第3の都市シカゴで、1日に14件の銃撃事件が発生し2人が死亡した

(CNN) 治安が大幅に改善したと伝えられていた米シカゴで発砲事件が相次ぎ、25日の1日だけで少なくとも21人が銃撃されて、19歳の少年を含む2人が死亡した。

米国で3番目の大都市シカゴは長年にわたって銃が絡む犯罪が頻発していたが、数週間前までは15カ月連続で殺人事件や銃撃事件が減少していた。

シカゴ警察によると、今年1月1日~5月31日の間に起きた殺人事件は、前年同期に比べて52件減少、銃撃事件は229件減少した。

市は凶悪犯罪の減少について、警官の採用数を増やしたことや地域社会の防犯対策、銃撃を検知するシステムや犯罪を予測するソフトウエアなどへの投資が奏功したと説明していた。

しかし専門家によると、夏にかけて気温が上昇するにつれ、犯罪は増える傾向がある。「暑くなると路上や歩道で過ごす時間が増え、若者同士の対立が増えて、口論がエスカレートして銃撃や殺人が起きる」。犯罪心理学に詳しいロヨラ大学シカゴ校のアーサー・ルリジオ氏はそう解説、ギャング集団同士の縄張り争いは夏にかけて激化する傾向があると指摘した。

警察は、25日の事件についても、ギャング集団同士の抗争と関係があると見ている。

事件は市の北部から南部にかけてのほぼ全域で発生。午前0時20分ごろ、22歳の男性が何者かに撃たれて重体となった事件を皮切りに14件の銃撃が相次ぎ、午後10時50分ごろに10代の4人が撃たれた事件では、19歳の少年が死亡した。

いずれの事件についても、容疑者は拘束されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]