米国務長官、北朝鮮の「自制」を評価 対話に期待示す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国務長官、北朝鮮との対話に期待

ワシントン(CNN) 米国のティラーソン国務長官は22日、北朝鮮がこのところ挑発的な行動を控えて自制しているとの見方を示し、米朝対話再開への期待感を表明した。

ティラーソン氏は国務省で記者会見を開き、トランプ大統領が発表した対アフガニスタン新戦略について語った。この会見のなかで北朝鮮問題にも言及し、「国連安全保障理事会が5日に制裁決議を採択してから、北朝鮮側によるミサイル発射や挑発行為がないことは注目に値する」と述べた。

さらに「北朝鮮が自制的な態度を示していることをうれしく思う」「我々が望んできたように、北朝鮮に挑発行為をやめる意思があるとの合図であることを期待する。近い将来の対話へつながる道筋が見えてきたのではないか」と語った。

米国は21日から韓国との年次合同軍事演習を開始した。北朝鮮はこれに強い反発を示し、国営メディアを通して「米国をいつでも攻撃できる」「グアムもハワイも米本土も容赦ない攻撃を避けられない」と威嚇している。

また米財務省はこの会見の数時間前、北朝鮮と取引のあるロシア、中国の企業に対して新たな制裁措置を発表した。

しかしティラーソン氏が指摘する通り、北朝鮮はしばらく行動を起こしていない。同氏は北朝鮮側がさらに歩み寄る必要もあるとしたうえで、「ここまでの前進を評価したい」と強調した。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「朝鮮半島情勢」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]