金正恩氏は「賢い決断下した」 トランプ米大統領が評価

2017.08.17 Thu posted at 09:49 JST

[PR]

(CNN) 米国のトランプ大統領は16日、北朝鮮が米領グアムを狙うミサイル発射計画について引き下がるような姿勢を見せたことを評価して、「北朝鮮の金正恩(=キムジョンウン=朝鮮労働党委員長)はとても賢く理にかなった決断をした。そうでなければ壊滅的で容認できない事態になるところだった」とツイッターに投稿した。

これに先立つ15日、北朝鮮の国営メディアはグアム島周辺の太平洋に向けてミサイル4発を発射するとした計画について、金委員長がこの計画を見直し、当面は保留することを決めたと伝えていた。

米国と北朝鮮の対立は、トランプ大統領が8日、北朝鮮が米国をこれ以上威嚇すれば「世界が見たことのないような炎と怒り」を浴びせるとツイートしたことから、一気にエスカレートした。

これに対抗して北朝鮮は、グアムに向けてミサイルを発射する計画を発表。ミサイルは日本の上空を通過すると予告したことから、日本は複数の自衛隊駐屯地にミサイル防衛システムを配備していた。

21日には米韓が10日間の日程で合同軍事演習を開始する。これを侵略に向けた予行演習とみなす北朝鮮が反発するのは確実だ。

メールマガジン

[PR]