ノートPC爆弾、空港の保安検査すり抜ける恐れ 米当局者

2017.04.01 Sat posted at 11:40 JST

[PR]

(CNN) 米情報機関と捜査当局が、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」や他のテロ組織が電子機器の中に爆発物を埋め込む方法を開発したとの見解を示していることがわかった。連邦捜査局(FBI)のテストでは、空港で一般に採用されている保安検査の一部は、この方法ですり抜けることが可能だと示されている。

テロリストらは効果的に爆発物を隠す方法を探るため、空港の保安検査で使われる先進的な設備を入手しているとの情報もある。

こうした情報は過去数カ月間に収集されたもので、中東やアフリカ8カ国の10空港からの渡航者に対し、ノートパソコンなど電子機器の機内持ち込みを禁止したトランプ政権の決定に重要な役割を果たした。

この決定の際、複数の米当局者はCNNに、テロリストらがバッテリー収納部に爆発物を隠す方法を開発したと懸念を示していた。だが今回の新情報では、保安検査を通過するのに十分な起動時間を確保しながら、爆発物を隠せるようになったことも明らかとなった。FBIの試験によると、設計は高度なものの改造自体は一般家庭にある道具で可能だという。

今回明らかになった情報により、この禁止措置の対象範囲が十分か疑問も生じうる。FBIは昨年後半に一連の試験を実施。こうしたノートパソコン爆弾が以前のものよりも空港保安検査での探知がはるかに難しくなるだろうとの見解に達した。FBIの試験は米運輸保安庁(TSA)により認可され米国を含む世界中で使用されている検査機を対象とした。

メールマガジン

[PR]