今度は「靴爆弾」、米当局が航空会社に注意呼びかけ

米当局が「靴爆弾」への警戒を強めている

米当局が「靴爆弾」への警戒を強めている

(CNN) 米政府が航空各社に対して、靴を使った新たなタイプの爆弾に対して注意するよう求めていたことが20日までにわかった。複数の政府関係者が明らかにした。

関係者によれば、米国など各国の当局はテロ組織が新たに靴に仕込む爆弾の設計に取り組んでいる情報を入手。これらの情報に基づき国土安全保障省が警告を出したという。

対象となるのはパリやロンドン、カイロなど25~30の都市から米国に向かう便。今後、米運輸保安庁の「要注意人物リスト」に名前が載っている乗客や無作為に選んだ乗客に対し、爆薬を検知するための拭き取り検査など、追加検査が行われる可能性があるという。

別の当局者は、今回の警戒呼びかけは具体的なテロ計画の情報があるわけではなく、あくまでも注意強化のためだと語った。航空各社は今回の警戒情報に絡んだ具体的な追加対策は求められていない。ただし、検査の強化により出発時間に遅延が生じる可能性があるという。

今月初めには、米当局はロシアへの直行便を運航する航空会社に対し、歯磨き粉や化粧品のチューブに爆弾が隠される恐れがあるとして警戒を促していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]