トランプ氏「メディアは不誠実」 怒り隠さぬ異例の会見

2017.02.17 Fri posted at 10:28 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は16日、ホワイトハウスで記者会見し、マスコミや裁判所に対する激しい批判を展開した。陣営関係者がロシアと接触を続けていたという報道については、すべて「偽ニュース」と片付けた。

記者会見は1時間15分にわたった。米国の現代史上、大統領が公の場でこれほどの怒りや不満をあらわにするのは異例。

会見の中でトランプ大統領は、マスコミの政治報道について「これほど不誠実なメディアは見たことがない」と非難し、フリン大統領補佐官を辞任に追い込んだ情報機関からマスコミへの情報がリークについても「リークは間違いなく現実だ。だがニュースは虚偽だ。なぜならニュースは虚偽だらけだからだ」とかみついた。

さらに独自の世論調査結果や大統領選で民主党のクリントン候補に勝利したことなどを引き合いに、「私は直接国民に訴えたい。知っての通り、我々の政権は政府や経済全般に及ぶ多くの問題を受け継いだ。正直に言うと、私は混乱を受け継いだ。国内も国外も混乱だ」と訴えている。

この記者会見に対するメディアの反応も予想し、「彼らは明日、『ドナルド・トランプがわめき散らした』と伝えるだろう」「私はわめき散らしていない。言っておくが、あなた方は不誠実だ。それでも私はわめき散らしていない。私はこれが大好きだ。会見を楽しんでいる」と語った。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]