トランプ氏側近、古巣メディアに「虚偽報道」と激怒

バノン大統領上級顧問兼首席戦略官

バノン大統領上級顧問兼首席戦略官

ニューヨーク(CNNMoney) 米ホワイトハウスのバノン大統領上級顧問兼首席戦略官は16日までに、顧問に就任する前に自ら率いていた最右派系ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」が掲載したプリーバス首席補佐官の去就に関する記事が全くの虚偽として同メディアを強く非難した。

同顧問はCNNへの投稿で、記事に触れ「当惑しているのではない。激怒している」と述べた。その上で、首席補佐官は卓越した仕事ぶりを見せているとたたえた。

ブライトバートは複数のトランプ大統領に近い筋の情報として、プリーバス氏は首席補佐官のポストを失う可能性があると報道。その理由としてフリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の更迭に言及していた。

バノン氏は、同記事が掲載される前、ブライトバートと接触したのかとの質問には、同メディアからは全面的に離れたと説明。昨年8月以降、関係者とは話を交わしていないと述べた。ただ、昨年末にブライトバートとの会見に応じたことはある。

トランプ氏の就任以降、ホワイトハウス内の内紛や行く末に関する報道は相次いでいる。一部報道はバノン、プリーバス両氏間の不和説も伝えていたが、両氏は再三否定している。

バノン氏は会長として人種差別的な記事も掲載したとされるブライトバートの報道姿勢の構築を主導したとされる。同メディアはバノン氏の今回の記事非難に関するコメントの求めに即座には応じていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]