クリントン氏、史上最も得票した敗戦候補に 290万リード

(CNN) 今年11月に本選が行われた米大統領選で民主党候補だったヒラリー・クリントン前国務長官が落選した候補としては米史上最も多くの票を集めていたことが22日までに分かった。

最終的な集計結果によれば、クリントン氏の得票数は6584万4954票で得票率は48.2%。共和党のドナルド・トランプ氏の6297万9879票(同46.1%)を約290万票上回った。

大統領選のデータを分析するサイト「USエレクションズ・アトラス」によれば、得票率で当選者を2.1パーセントポイント上回ったという記録は、落選した大統領候補の中では歴代3位だ。

1位は1824年選挙でジョン・クインシー・アダムズに負けたアンドルー・ジャクソンで、得票率では10%以上勝っていた。2位は1876年選挙でラザフォード・ヘイズに負けたサミュエル・ティルデンで、3%以上多く得票していた。

クリントン氏は2012年選挙でのオバマ大統領の得票数を39万票弱上回ったことも明らかになった。だが重要な激戦州で僅差で負けたため、選挙人の数ではオバマ氏が100人以上も多いという結果となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]