オバマ氏、テロ支援者制裁法に拒否権行使

2016.09.24 Sat posted at 14:37 JST

[PR]

ワシントン(CNN) オバマ米大統領は23日、2001年9月11日に起きた同時多発テロの遺族がサウジアラビア政府を提訴することを可能にする法案に対し、拒否権を行使した。これによりオバマ氏は、法案を上下両院で可決していた連邦議会や、民主、共和両党の大統領候補とこの問題をめぐり対立することになった。

ホワイトハウスは、この法案が成立すれば、米国の外交官や軍要員が外国で提訴される事態につながりかねないと主張。一方、連邦議会における両党の指導層は、来週にもオバマ氏の拒否権を覆す姿勢を示している。

オバマ氏はこれまで、12回にわたり拒否権を行使してきた。もし議会での採決が成功すれば、連邦議会が大統領の拒否権を覆すのはオバマ氏の在任期間で初めてのケースとなる。

この法案はテロ支援者制裁法(JASTA)。米国内における外国政府の訴訟からの免責特権を廃止し、特定の国が米国に対するテロ攻撃に関与したと断定された場合、連邦民事訴訟を提起することが可能になる。

連邦議会内ではこの法案を支持する声が多い。複数の遺族団体からの強い要請を受け、法案は先ごろ、議会で圧倒的多数で可決されていた。

メールマガジン

[PR]