米シャーロットで連夜のデモ、市民1人重体 一部が暴徒化

2016.09.22 Thu posted at 13:28 JST

[PR]

(CNN) 警官による射殺事件が起きたことをきっかけに抗議行動が発生していた米ノースカロライナ州シャーロットで21日、2夜連続となる警察への抗議行動が発生した。デモに参加していた市民1人が撃たれて重体となった。地元当局によると、別の市民の発砲によるもので、警察は発砲しなかったとしている。

シャーロットの市長はCNNの電話取材に応じ、デモ隊に平静を呼びかけた。市内の別の箇所で行われた抗議は平和的なものであり、暴徒化したのは一部の集団だとしている。暴徒はゴミ箱の中身に火を放ったり、店舗の窓ガラスを割るなどしたとみられる。

ノースカロライナ州知事は、シャーロットに派遣する州警察を増員すると発表した。

警察が催涙弾を放ったことを受け、抗議者の多くは解散した。ただ、ヘルメットなどで装備した警察機動隊と抗議集団が対峙(たいじ)する場面が何度も見られる。

メールマガジン

[PR]