州選挙管理当局のデータベースにハッカーの脅威 イリノイとアリゾナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

州選挙管理当局のデータベースにハッカーの脅威

ワシントン(CNN) 米イリノイ、アリゾナ両州の有権者登録のデータベースが、外部から侵入するハッカーの脅威にさらされていたことが分かった。

イリノイ州では今年6月以降、選挙管理委員会のデータベースに何者かが侵入し、最大20万人の個人情報が流出したことが、7月になって発覚した。連邦捜査局(FBI)がハッカー事件として捜査している。当局者らによれば、データが書き換えられた恐れはないという。

データベースには同州の有権者1500万人分の名前や住所、性別、生年月日のほか、人によっては社会保障番号または免許証番号の下4けたが記録されている。10年前からの情報で、死亡または転出した人の情報も残っているとみられる。

一方アリゾナ州当局は5月末、有権者登録システムが脅威にさらされているとするFBIからの警告を受け、システムのインターネット接続を遮断した。

州当局の報道官によると、州内にある郡の選挙関係者1人のユーザー名とパスワードがネット上にさらされているのが見つかった。誤ってダウンロードしたウイルスが原因で流出したものとみられているが、この情報からは地元の郡の選挙登録システムにしかアクセスできず、州全体のシステムには影響はないという。

調査の結果、データが流出した形跡は見当たらず、データベース内に不正ソフトの存在も確認されなかった。

有権者登録のシステムは州によって異なるが、投票や集計に使うシステムは普通ネットには接続されていない。国土安全保障省は、選挙体制全体への具体的な脅威は認められないとの立場を示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]