クリントン氏のメール問題、連邦地裁が新文書の公開指示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリントン氏のメール問題、連邦地裁が新文書の公開指示

ワシントン(CNN) 米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン前国務長官が在任中の公務に私用メールアドレスを使っていた問題で、ワシントン連邦地裁は22日、国務省に対し、当時クリントン氏と側近の間で交わされた1万4900件の文書を公開するよう指示した。

私用メール問題の捜査に当たった連邦捜査局(FBI)のコミー長官は7月、クリントン氏が2014年の退任後に国務省へ提出したメール3万通のほかにも、職務関連のメール数千件が新たに見つかったと発表していた。

問題の文書データはFBIから国務省へ引き渡されている。地裁は保守系の行政監視団体「ジュディシャル・ウォッチ」からの請求に基づき、国務省が9月23日までにこの文書を見直し、公開日程を決めて報告するよう言い渡した。文書の中に含まれているメールの数は明らかでない。

これに対して国務省報道官は同日、同省はすでに全てのメールをジュディシャル・ウォッチに開示することに自主的に同意していたと述べた。

一方連邦議会では、クリントン氏が自宅で使っていたメールサーバーの設置にかかわったハイテク企業3社に対し、共和党議員らが追及の手を強めている。同党のラマー・スミス議員が率いる下院科学・宇宙・技術委員会は3社が情報提供の求めに応じなかったとして、召喚状を発行した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]