クリントン氏、激戦州バージニアでも大幅リード 米大統領選

民主党候補のクリントン氏(右)とケーン氏

民主党候補のクリントン氏(右)とケーン氏

(CNN) 米大統領選の激戦州のひとつ、バージニア州での新たな世論調査で、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が共和党候補のドナルド・トランプ氏を大幅にリードしていることが分かった。

16日に発表された米紙ワシントン・ポストの調査結果によると、バージニア州の登録済み有権者のうち、クリントン氏の支持者は52%、トランプ氏の支持者は38%だった。投票に行くと答えた有権者の中でも、クリントン氏を支持する人が51%と、トランプ氏の43%を大きく上回った。

州内で最も保守的とされる南西部の農村地帯を除き、全ての地区でクリントン氏優勢の結果が出ている。

共和党支持者の中ではトランプ氏に投票すると答えた人が81%を占めた。ただ共和党候補の指名争いで別の候補者を支持していた人のうち、トランプ氏への支持を表明したのは69%にとどまった。

一方、民主党支持者でクリントン氏を支持する人は93%を占め、指名争いでライバルのバーニー・サンダース上院議員を推した人のうち86%がクリントン氏支持に転じていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]