オバマ米大統領、原油パイプライン計画を却下 論争に終止符

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オバマ大統領(中央)はキーストーンXLパイプラインの建設計画を却下した

オバマ大統領(中央)はキーストーンXLパイプラインの建設計画を却下した

ワシントン(CNN) オバマ米大統領は6日、カナダと米テキサス州を結ぶキーストーンXLパイプラインの建設計画を却下した。大統領の在任期間中、長年にわたり続いた論争に終止符を打った形だ。

米国務省のケリー長官がこの計画について、米国の安全保障上の国益にそぐわないとの結論を下し、オバマ大統領もホワイトハウスでの会見でこれに同意。「米国は気候変動と真剣に戦う上で世界をリードする立場であり、率直に言って、パイプライン計画はこのリーダーシップを損なうものだ」と述べた。

このプロジェクトを巡っては、大統領選などの場で7年にわたり、石油会社や共和党とリベラル派の活動家らが対立。米国務省はこの間、プロジェクトを精査してきた。

パイプラインは実現すれば、米国6州1930キロ近くにまたがり、カナダからネブラスカ州経由でメキシコ湾岸の製油所まで石油を運ぶ計画だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]