米次期長距離爆撃機、ノースロップ・グラマンが受注

2015.10.28 Wed posted at 11:19 JST

[PR]

(CNN) 米国防総省は27日、次期長距離爆撃機「LRS―B」の発注先を米軍需大手ノースロップ・グラマンに選定したと発表した。

カーター国防長官は同機について、米空軍の攻撃力と抑止力を支える根幹になると述べ、米国はこれで「全世界に国力を誇示する」ことが可能になると指摘。「同爆撃機の開発は次の50年に向けた戦略的投資になる」と強調した。

LRS―Bの具体的な性能について、当局者の口は堅い。ただ、通常兵器と核兵器を搭載でき、有人でも無人でも飛行できるステルス爆撃機になると見られている。

空軍のジェームズ長官は、米国から発進して世界中のどんな標的でも攻撃でき、相手国や潜在的な敵による新興の脅威に対抗できる性能を持つと説明した。

ノースロップ・グラマンは空軍の現行のステルス爆撃機「B―2」の開発も手掛けた。次期長距離爆撃機を巡っては、航空軍需大手ボーイングとロッキード・マーティンが組んでノースロップとの間で契約受注競争を展開していた。

メールマガジン

[PR]