子どもを見舞う「バットマン」、交通事故で死去 警察も追悼 米

2015.08.18 Tue posted at 10:52 JST

[PR]

(CNN) バットマンの仮装姿で病院を訪れ、入院中の子どもたちを励ましていた男性が、米メリーランド州で交通事故のため死亡した。

死亡したのはレニー・ロビンソンさん(51)。2012年に「バットモービル」を運転していて警察に止められた騒ぎで、一躍有名人になっていた。

警察によると、ロビンソンさんは16日、州間高速道路の追い越し車線を走行中に、乗っていたランボルギーニが故障したため、エンジンを点検しようと追い越し車線上で車を降りた。そこを通りかかった乗用車がランボルギーニに衝突。ロビンソンさんは自分の車にひかれ、現場で死亡が確認された。乗用車の運転手は無事だった。

ロビンソンさんが有名になった2012年の騒ぎでは、車のナンバープレートの代わりにバットマンのロゴを付けて走行していたことから警官に見とがめられた。バットマン姿で出てきたロビンソンさんが車内にあったナンバープレートを警官に見せ、握手して走り去るまでの一部始終をパトカーのカメラが撮影。モンゴメリー郡警察がこの映像を公開したことから、ロビンソンさんは一躍人気者になっていた。

メールマガジン

[PR]