核施設で一時厳戒、トラックに爆発物の情報 米サウスカロライナ州

(CNN) 米サウスカロライナ州にあるサバンナリバー核施設付近で現地時間の17日、一時的に警戒態勢が敷かれ、同施設に通じる道路がすべて封鎖された。

サバンナリバーは米エネルギー省と国家核安全保障局(NNSA)が管轄する施設。同日午後3時42分、フェイスブックを通じて注意情報を発表した。

約1時間半後に掲載された情報によれば、電子スキャンや犬を使って業者の配送用トラックを検査したところ、このトラックに爆薬の残留物が積まれている可能性があることが分かった。

このためサウスカロライナ、ジョージア両州が、施設の警備業者と共同で緊急対応を講じたという。

同施設の広報によると、通行止めは午後5時52分に解除された。捜査当局が調べた結果、トラックから爆弾や爆薬の残留物は見つからなかったとしている。

サバンナリバー核施設はジョージア州との州境に近いサウスカロライナ州東部にある。冷戦時代には、米国の核兵器の製造に使われるプルトニウムの約3分の1量、トリチウムの全量を生産していた。ここ数十年は、閉鎖された他の核施設からの物質が同施設に送られて保管されているという。

同施設では研究開発も続けられ、原子力発電用の濃縮ウラン処理、使用済み核燃料の保管、国家安全保障用途のトリチウム製造を行っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]