同性愛者の広告に抗議、銀行から資金引き揚げ 米伝道師

フランクリン・グラハム氏

フランクリン・グラハム氏

(CNNMoney) 米国のキリスト教伝道師、フランクリン・グラハム氏(62)はこのほど、米銀大手ウェルズ・ファーゴが広告に同性愛カップルを登場させたことに強い反発を示し、自身が率いる団体の資金を全て別の銀行へ移すと宣言した。

ウェルズ・ファーゴの広告には今年4月、女性の同性愛カップルが登場した。同性愛者を起用した米銀の広告はこれが初めてとされる。

グラハム氏は今月5日、フェイスブックで「大企業やメディアが我々に道徳退廃の流れを押し付けている」と批判。「ビリー・グラハム伝道協会」の資金をウェルズ・ファーゴから引き揚げると表明した。

同協会はウェルズ・ファーゴの複数の口座に総額1億ドル(125億円)余りの資金を保有しているとみられる。協会によると、資金の移動先は米BB&T。報道担当者によれば、すでに口座を移すための手続きに入っていて、約1カ月後に完了するという。

ただソーシャルメディア上の指摘によれば、BB&Tはフロリダ州で毎年開催されるイベント「マイアミ・ビーチ・ゲイ・プライド」のスポンサーに名を連ねている。BB&Tの報道担当者は「我々は多様性と寛容を重んじる」と強調しつつ、同イベントのスポンサーだからといって必ずしも趣旨に賛同しているとは限らないと説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]