同性愛者の広告に抗議、銀行から資金引き揚げ 米伝道師

グラハム氏はウェルズ・ファーゴのCMに反発=YOUTUBE.COMから

グラハム氏はウェルズ・ファーゴのCMに反発=YOUTUBE.COMから

グラハム氏はさらに、米高級宝飾品大手ティファニーが今年1月、広告に男性同士の婚約シーンを使ったことを理由に、同社へのボイコットも表明した。

フェイスブック上の同氏の投稿には賛同を示す「いいね」の声が9万5000件も寄せられ、シェア件数は4万2600件に上っている。一方で、1万1000件余りのコメントには激しい非難の言葉も並ぶ。

ウェルズ・ファーゴの報道担当者は「広告に批判がないとは思っていなかったが、全体的としては好意的な反応が圧倒的に多い」と話している。

グラハム氏は1950年代にテレビ伝道師として名を知られたビリー・グラハム氏の息子。ビリー氏が設立した協会を引き継ぎ、放送や地域奉仕活動、インターネットを通した布教活動を続けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]