新3種混合ワクチンと自閉症に「関連なし」 米で大規模研究

(CNN) はしか、おたふくかぜ、風疹の新3種混合(MMR)ワクチンを接種すると自閉症の発症率が上がるとの説について、米国の研究チームが9万5000人超の子どものデータを分析し、発症率への影響はないとの結論を発表した。

研究結果は21日、米医師会が発行する専門誌「JAMA」に発表された。チームは民間保険会社に請求された医療費に関する大規模なデータベースを基に、9万5727人の子どもたちを11年間にわたって追跡調査。MMRの接種を受けたグループと受けなかったグループに分けて、自閉症の発症率を比較した。

チームでは特に、自閉症の兄や姉を持つ子どもたちに注目した。このようなケースでは、下の子も自閉症と診断される割合が高くなることが知られている。

その結果、自閉症の兄姉がいる子どものうち、MMRを1~2回接種されたグループが、接種されなかったグループより自閉症を発症しやすいことを示すデータは全く見つからなかったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]