3階建てスーパージャンボ機、CO2排出ゼロ コンセプト披露

2015.04.22 Wed posted at 12:21 JST

[PR]

(CNN) 太陽光と水素エンジンで飛行でき、二酸化炭素(CO2)を排出しない3階建てのスーパージャンボ機――。未来の航空機のコンセプトデザインで知られるスペインのデザイナー、オスカー・ベニャル氏が、新たにそんな旅客機のコンセプトを披露した。

同氏が設計した「プログレス・イーグル」は、翼と屋根に太陽光発電パネルを装備し、離陸には6基の水素エンジンを使用。後部のエンジンは風力発電タービンとしても利用できる。二酸化炭素の排出量はゼロで、飛行中の騒音もないという。

乗客は現在最大の旅客機より275人多い800人まで搭乗でき、機体前部には眺めの良い「パイロットクラス」座席を新設。個室や店舗、レストランを併設してホテルに滞在するような感覚で搭乗することもできるという。

ただし現時点ではあくまでもコンセプト段階で、このデザインを実現する技術のうち40%しか実現していないとビニャルズ氏。「それでもあと数年で限界は克服できる」と予想し、2030年までに実用化できると見込んでいる。

メールマガジン

[PR]