エボラ患者の飼い犬、米国では殺さず隔離

スペインでは2次感染した看護師の飼い犬が殺処分された

スペインでは2次感染した看護師の飼い犬が殺処分された

それでもペットから人に感染することがあるかどうかははっきりしないのが現状だ。パデュー大学のデービッド・サンダース教授は「感染しても症状の出ない動物が、人をウイルスに感染させる可能性はある」と話す。

これに対してバンダービルト大学のウィリアム・シャフナー氏は、「ウイルスが動物に広まることは分かっているが、アフリカでも米国でも、エボラの感染拡大でペットが問題にされたことはない」「スペインで患者の犬が注目されたのは無分別だったと思う」との見方を示した。

CDCは農務省や獣医師会などと連携して、ペットの扱いに関するガイドラインの公表を予定している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]