大学生を逮捕、悪ふざけでフラミンゴのつがい死なす 米

オスはつがいのメスを守ろうとしてけがを負ったと見られるという=ハティスバーグ動物園のフェイスブックから

オスはつがいのメスを守ろうとしてけがを負ったと見られるという=ハティスバーグ動物園のフェイスブックから

(CNN) 南ミシシッピ大学の男子大学生グループがふざけて動物園に侵入し、フラミンゴのつがいを死なせる事件があった。警察は13日までに、フラミンゴを盗んだ学生を窃盗容疑で逮捕し、残る9人を共謀容疑で取り調べている。

調べによると、学生たちは夜間に近所のハティスバーグ動物園に侵入して白鳥と一緒に写真を撮ろうという悪ふざけを企てた。このうちの1人が7日午前1時ごろ、高さ約3メートルのフェンスを乗り越えて園内に侵入。フラミンゴにTシャツをかぶせて1羽を盗み出し、学生会館に持ち帰ろうとした。

フラミンゴは途中で片足が折れ、学生会館近くに放置されて、動けなくなった状態で同日午前8時半ごろ発見された。動物園によると、殺処分するしかない状態だったという。

さらに、このフラミンゴのつがいだったオスも、けがをして群れから離れているのが見つかり、間もなく死んだ。検視の結果、臓器が破裂していたことが判明。動物園の幹部は「つがいのメスを守ろうとして、蹴られたか殴られたと思われる」と話している。

動物園は、午前1時15分ごろ園内に侵入した4人の映像をフェイスブックに掲載し、情報提供を呼びかけていた。

警察はフラミンゴを盗んだ19歳の学生を逮捕し、9人を取り調べている。10人は停学などの処分を受け、所属していた65年の伝統をもつ社交クラブは無期限の活動停止処分を受けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]