海岸を散歩中の父娘、不時着機にはねられ死傷 米フロリダ

事故機を調査する保安官事務所の職員

事故機を調査する保安官事務所の職員

(CNN) 米フロリダ州で27日、海岸を散歩していた男性とその娘が、同地に不時着した小型機にはねられ死傷した。

サラソタ郡当局によると、同日午後、同州ベニスの空港から、小型機にトラブルが発生したと連絡があった。小型機「パイパー・チェロキー」のパイロットが、同空港に戻れなくなったため、空港南部にあるキャスパーセンビーチに着陸を試みると連絡してきたという。

米連邦航空局(FAA)によれば、同機は現地時間の午後2時45分ごろ着陸し、父親と娘がはねられた。

父親はその場で死亡が確認された。娘は空路病院に搬送されたが重体に陥っているという。

不時着した小型機のパイロットと乗客は無事だった。

米国家運輸安全委員会(NTSB)とFAAは、事故原因などについて調査を進めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]