カリフォルニア州を6分割? 構想は実現可能か

(CNN) 今、米国で政治的に大きな影響力があって文化的にもトレンドセッターとして成長を続けるカリフォルニア州を今後どうすべきか、という議論がある。

著名な投資家ティム・ドレイパー氏は、カリフォルニアを6つの州に分割する案を提唱している。とても正気とは思えないほど大胆な発想だが、ドレイパー氏は真剣だ。同氏の「6つのカリフォルニア」構想は、インターネット上でも徐々に議論され始めている。

現在、カリフォルニア州からは2人の上院議員が選出されているが、たった2人では膨大な数の州民を代弁するのは不可能だ。また州を6つに分割することにより企業間の競争が活発化し、6つの州がそれぞれの事情に適した意思決定や規制の策定が可能になる、というのがドレイパー氏の主張だ。

ドレイパー氏の分割案の良し悪しは判断しかねるが、少なくとも、シリコンバレーを1つの州にするというこの計画に含まれる主要論点を見つけるのはそう難しくない。

ドレイパー氏の案では、シリコンバレー以外の5州は、ジェファーソン、北カリフォルニア、中央カリフォルニア、西カリフォルニア、南カリフォルニアとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]