少年サッカー審判、イエローカードの選手に殴られ死亡 米

(CNN) 米ユタ州ソルトレークシティーの警察は6日までに、同市近郊で開催された少年サッカーリーグの試合でイエローカードを出された選手が審判を殴ったことで審判が重傷を負い、1週間後に死亡したと明らかにした。

死亡したのはリカルド・ポルティージョ氏(46)。審判を務めていた4月27日の試合で、17歳の選手の反則を指摘し、イエローカードで警告した。この選手が判定に腹を立て、同氏の顔面を殴った。

同氏は当初、軽傷を負ったとみられたが、搬送先の病院で脳の内部に重大な損傷を受けていたことが判明。重体のまま回復せず、4日夜に亡くなった。当局による検視が予定されている。

殴った選手の名前は公表されていない。暴行容疑で少年拘置施設に送られていたが、同氏の死亡により、当局は容疑を切り替える見通しだ。

開催されていたのは中南米系の5~17歳の少年が参加するリーグ。リーグ責任者は、選手に暴力行為があった場合はただちに追放するのが規則だと述べた。

昨年12月にはオランダで、サッカー試合中に線審が15~16歳の選手3人に殴られてこん睡状態に陥り、翌日死亡する事件があった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]