香港国際空港、乗り継ぎ客の利用禁止 オミクロン株対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
香港国際空港がオミクロン株への感染対策として乗り継ぎ客の利用を禁止する/NIAID-RML

香港国際空港がオミクロン株への感染対策として乗り継ぎ客の利用を禁止する/NIAID-RML

(CNN) 香港の空港運営当局は15日までに、新型コロナウイルスの感染リスクが高いとする国・地域に過去21日間内に滞在した旅行者による香港の国際空港での乗り継ぎを禁止するとの対策を発表した。

16日から始め、1カ月間続ける。空港運営当局は13日、オミクロン株による感染拡散が世界各地で続いていることへの対応策とした。

香港は中国大陸や台湾以外の一切の国・地域をオミクロン変異株の感染リスクが高い場所と位置づけているため、今回の措置は大半の乗客に影響する。

当局の今回の方針を受け香港大手のキャセイパシフィック航空も同日に報道発表文を出し、同様の対策を講じることを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]