スウェーデンの「氷のホテル」、30周年のシーズン幕開け

「氷のホテル」、オープンから30年 スウェーデン

(CNN) スウェーデン北部のユッカスヤルビ村にある「アイスホテル」が、氷でできた世界初のホテルとしてオープンしてから30周年を迎えた。今シーズンは先週からスタートしている。

アイスホテルは1989年に開設され、毎年新たなテーマで改装を繰り返してきた。30周年版は16カ国から33人のアーティストが集まり、数週間かけてつくり上げた。

作業は毎年3月、近くのトルネ川で約2500トンの氷を集めるところから始まる。氷は工事が始まる10月まで低温で保管される。

今年は氷の劇場や氷のシャンデリアをテーマにした客室が登場。バー「トルネランド」は氷のジェットコースターやゲームコーナー、気球に取り囲まれた遊園地のようだ。イチョウの間と名付けられたホールの天井には、30周年を記念して30個の星が刻まれている。

様々な装飾が施された氷のバー「トルネランド」/Courtesy Asaf Kliger
様々な装飾が施された氷のバー「トルネランド」/Courtesy Asaf Kliger

これまでにアイスホテルを訪れた客は計100万人を超える。この冬のシーズンは来年3月7日まで。

1部屋2人で氷の客室に1泊、暖房付きの客室に2泊するパッケージは、往復のチャーター機と朝食付きで1人1061ポンド(約15.2万円)。犬ぞりやスノーモービル、オーロラツアーなどのアクティビティも追加料金で楽しめる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]