Uボートが沈めた船からコニャックなどのボトル900本、102年ぶりに引き上げ バルト海

102年前の沈没船から酒類のボトル900本、バルト海で引き上げ

(CNN) 102年前にドイツの潜水艦によって沈められた船の積み荷から、海底探査の専門チームがこのほど、コニャックとリキュールの入ったボトル計900本を引き上げる出来事があった。一部のボトルからは香りが感じられるものの、金銭的な価値や飲用に適した状態なのかどうかは不明だという。

酒類を積んだ船はスウェーデンの蒸気船で、バルト海の水深77メートルの海底に沈んでいた。先月、2つのチームが合同でダイバーや無人探査機を送り込み、1週間にわたって昼夜を問わず作業。ボトルの入ったケースを次々と引き上げた。

チームの1つに所属するペータル・リンドバリ氏はCNNに対し、コニャックのボトル600本とリキュールのボトル300本を回収したと説明した。リキュールは現在バカルディ社が所有するブランドのものだという。

リンドバリ氏によると、これらの酒類が現在も飲めるのかどうかはまだわからない。リキュールのボトルからは甘い、ハーブ由来の香りがかすかに感じられるが、コルクで栓をしたコニャックからは全く香りがしない。

コニャックのブランド名はほとんど知られていないもので、どのくらいの価値があるのかは不明。リキュールの方も、これからバカルディに問い合わせて価値を見定めたいとしている。リンドバリ氏は「数万ドルの値が付くなら、当然ボトルは開封したくない。情報を集めようとしているが、簡単ではない」と話す。最終的に酒類は売却する計画だが、急ぐつもりは全くないとしている。

蒸気船は第1次大戦中の1917年、フランスからロシアのペトログラード(現在のサンクトペテルブルク)に向かっていたところをドイツの潜水艦「Uボート」に撃沈された。Uボートの艦長が積み荷を密輸品とみなしたためだ。船の乗組員は近くにいた別の船に移り、スウェーデンまで無事に戻ったという。

当時のロシアは皇帝ニコライ2世の治世。引き上げられたボトルが皇帝本人に送られたものだったかどうかはわからないが、皇帝周辺の貴族が飲むはずだったことは間違いないと、リンドバリ氏はみている。

蒸気船自体は99年に見つかっていたが、長年にわたるトロール漁業の影響で船体が損傷していた。このためダイバーらが安全に近づけるよう、漁網を取り除く作業が必要だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]