氷点下35度、5歳児が1歳半の乳児連れ徒歩で避難 米アラスカ州

自宅に取り残された5歳の子どもが1歳半の子どもを連れて1キロ近く歩き隣家にたどり着く出来事があった/AK Division of Homeland Security

自宅に取り残された5歳の子どもが1歳半の子どもを連れて1キロ近く歩き隣家にたどり着く出来事があった/AK Division of Homeland Security

(CNN) 厳冬の米アラスカ州で、自宅に取り残された5歳の子どもが1歳半の子どもを連れ、1キロ近く歩いて隣家にたどり着く出来事があった。

アラスカ州公衆安全局によると、5歳の子どもは3日、同州北東部ベネタイの自宅に、1歳半の乳児と2人だけで取り残されていた。この日の気温は氷点下35度だった。

州警察によると、子どもたちが隣家にたどり着いた時には凍傷を負っていた。5歳児は自宅が停電したので怖くなり、軽装のまま靴下だけを履いた状態で、乳児を連れて約800メートルの距離を歩き続けた。

この事件に関連して、ジュリー・ピーター容疑者(37)が未成年の安全を危険にさらした罪に問われている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]