サタンが自撮り?、フレンドリーな悪魔像が物議 スペイン

スペインの都市セゴビアで設置が予定されている悪魔の像/Courtesy José Antonio Abella
写真特集:フレンドリーな悪魔像、スペインで賛否

スペインの都市セゴビアで設置が予定されている悪魔の像/Courtesy José Antonio Abella

(CNN) 橋のそばに立つ悪魔サタンが携帯電話を手に自撮り――。スペインのセゴビアで、そんな彫像を設置する計画が進み、物議を醸している。

地元当局はサタン像を観光の目玉としたい考えだが、像のおちゃめな様子にカトリック教徒は反発。計画を非難する請願に5500人の署名を集めた。

請願書では「この表現はカトリック教徒にとって侮辱的だ」と述べ、芸術において悪魔は「忌まわしく卑劣」な存在として描かれるべきで、「親しみやすく魅惑的」であってはならないと主張している。

サタン像の設置予定地は、セゴビアにあるローマ時代の水道橋から200メートルの場所。市議会によると、サタンにより一夜にして水道橋が建設されたとの言い伝えにちなんでいるという。

設置を支持する請願もあり、こちらは2100人超の署名を集めた。請願書では水道橋の伝説に触れ、サタンは「言い伝えに登場するキャラクターに過ぎず、道徳や宗教に影響を与えるものではない」としている。

像の制作者であるホセ・アントニオ・アベジャ氏はCNNトラベルの取材に、「悲しい論争だ」と語り、「セゴビアは美しい街で、大多数の住民は友好的で落ち着いている。不寛容で遅れた一部の人のせいで街のイメージがゆがめられかねない」と話した。

アベジャ氏によれば、設置阻止を訴えた申し立ては棄却され、1月末には据え付けが行われる見通し。

アベジャ氏は「像は無事設置され、嵐は全て過ぎ去ると思う」と説明し、「人の感情を害する目的で制作したわけではなく、隣で笑顔になってもらうためだ」「大勢の観光客が自撮りをすると思う」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]