完璧なパステルカラー、インドの「ピンクシティー」を撮影する

ジャイプールにあるピンクの宮殿ハワマハル=Victor Cheng氏提供
写真特集:インドの「ピンクシティー」

ジャイプールにあるピンクの宮殿ハワマハル=Victor Cheng氏提供

(CNN) インド有数の名建築の宝庫であるジャイプール。国内で最も華麗な王宮を擁しており、数百年前に設計された精巧な建物が今でも訪問者を魅了している。

建物の多くは1700年代、ラージプート族の統治者サワイ・ジャイ・シング2世の命令で建設された。周囲は市壁や防御用の要塞(ようさい)が取り囲んでいる。ラジャスタン州の商業の中心地として構想され、格子状の都市計画を採用したことから時代に先駆けた場所と考えられていた。

ロマンチックなくすんだピンクに彩られたのは1876年。アルバート王子を迎えるにあたり塗装が施された。これによりジャイプールは「ピンクシティー」の通称で知られている。

香港を拠点にする写真家、ビクター・チェン氏とサマンサ・ウォン氏がジャイプールを訪れたのは、こうした建築美に引かれたのがきっかけだ。

2人はインスタグラムで13万人のフォロワーを持つが、ジャイプールで撮影した画像はインターネット上でかつてない反響を呼んだという。

チェン氏は、「ジャイプールの写真に対する反響は驚くべきものだった」「フォロワーの多くはインドのこうした側面を目にしたことがなかったので、こういった側面を見せることができてうれしい」と話す。

2人にとって、ジャイプール最大の魅力のひとつは建物のパステルピンクの色彩だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]