銃から頭がい骨まで――米空港の没収品

槌矛を持っていた人は所持理由をどう説明するのだろうか

槌矛を持っていた人は所持理由をどう説明するのだろうか

(CNN) 銃や手投げ弾、人間の頭がい骨、口紅に見せかけた催涙スプレー。米運輸保安庁(TSA)が先ごろ公開した昨年1年間に国内の空港で没収した危険物にはさまざまなものがある。

TSAの公式ブログに掲載された報告によると、全米の空港で昨年没収された銃器は計1813丁。このうち8割に当たる1477丁には弾丸が込められていた。スタンガン、木製や金属製の槌矛(つちほこ)、手裏剣、手投げ弾なども見つかった。中には模型もあったが、本物と同じように没収されたという。

没収された銃器の数が最も多かったのは、利用客が世界一多いことでも知られるアトランタ国際空港の111丁。2位はダラス・フォートワース空港の96丁、3位はヒューストン国際空港の68丁だった。

ブログによれば、銃器を隠そうとする策略はことごとくTSAに見抜かれている。ヒューストン国際空港では、2丁の銃を新聞紙に包み、粉末洗剤の箱の中に埋めて預け入れ荷物にしのばせた乗客がいた。ソルトレークシティーの空港で、非金属製の短刀を釣り糸で首から下げて搭乗しようとした客もいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]