銃から頭がい骨まで――米空港の没収品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素焼きの容器からは頭がい骨が出てきた

素焼きの容器からは頭がい骨が出てきた

つえの中に仕込んだスタンガンや、口紅型の催涙スプレーもTSAの検査をすり抜けることはできなかった。

ナイフをクレジットカードやベルトの留め具、くしやブラシに偽装したり、靴、保温カップ、コンピューターの記憶装置などの中に隠したりして見つかるケースも多いという。

武器以外の没収品としては唯一、人間の頭がい骨のかけらが紹介されている。フロリダ州の空港で、素焼きの容器の中から見つかった。持ち主は、中に頭がい骨が入っているとは知らずに容器を買ったと話していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]