廃虚マニアが選んだ「ニッポンの名所」

1961年に開園し2006年に閉鎖した奈良ドリームランド

1961年に開園し2006年に閉鎖した奈良ドリームランド

(CNN) ドイツ人翻訳者のフロリアン・ザイデル氏が日本に住むようになって7年以上。同氏がこの5年ほど夢中になっているのが、日本各地に点在する廃虚巡りだ。

日本における廃虚巡りの人気は、ザイデル氏が始めた5年ほど前と比べて高まってきているという。廃虚巡りを趣味としている人がどのくらいいるかは分からない。だが、ザイデル氏が始めたころには10ほどしかなかった日本の廃虚巡り専門のブログが、今では100くらいまで増えているという。

「日本には廃虚がたくさんある。あとは自分で見つけられるかどうかだ」とザイデル氏は言う。

ザイデル氏に言わせれば、使われなくなって荒れ果てた建物や施設を探す作業こそ、廃虚巡りの最も楽しい部分。ブログで紹介している廃虚の90%以上は同氏自身が調べて見つけたものだ。

多くの廃虚ファンと同様、ザイデル氏もブログでは廃虚の正確な場所を伏せている。心無い人たちに荒らされるのを恐れてのことだ。

使われなくなって久しい建物などを見つけ出し、独特の風景や雰囲気を楽しむのは世界共通。その一方で日本ならではの面白い廃虚もある。「秘宝館」などと呼ばれるセックスをテーマにした博物館の廃虚はそのいい例だ。

「1960年代、欧州ではセックス革命が起きたが、日本では起きなかった。(その代わり)セックスをテーマにした博物館が、特に温泉街に作られた」とザイデル氏は言う。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]