ビットコイン急落、エルサルバドルでの法定通貨化初日

暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が10%以上急落した/Ozan Kose/AFP/Getty Images

暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が10%以上急落した/Ozan Kose/AFP/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格は7日、10%以上急落し、4万3000ドル(約470万円)を割り込んだ。

これに先駆け中米エルサルバドルでは6月の発表通りにビットコインが正式に法定通貨となっていた。ビットコインを法定通貨とするのは世界で同国が初めて。

この措置には国内外から批判の声も上がっており、エルサルバドルでは国民による抗議行動も起きた。

エルサルバドルは過去に200ビットコインを購入しており、6日深夜に200ビットコイン、7日に150ビットコインを追加購入した。現時点で合計550ビットコインを保有している計算になる。

また現在国民は政府公認の電子ウォレットをダウンロードすることが可能。登録者には約3300円相当のビットコインを配布して普及を図る。

ビットコインは6日の時点で最高額5万3000ドル近くで取引されていた。

しかしコインデスクのデータによると、7日のニューヨーク市場では正午までに4万2921ドルまで値下がりした。

こうした動きについて市場関係者からは、エルサルバドルでの政策の実施に関連したものであり、「うわさで買って事実で売る」という投資の格言に基づく現象だとの見方が出ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]