残高「900京円」 ペイパル明細書に仰天ミス

2013.07.17 Wed posted at 18:10 JST

[PR]

ニューヨーク(CNN) 米インターネット決済大手ペイパルからの明細書に、17けたの数字が並んでいた。残高9京ドル(約920京円)。受け取った米ペンシルベニア州の男性は、ペイパル側のミスと判明するまでのほんの一瞬、世界一の大富豪の気分を味わった。

PR会社幹部のクリス・レイノルズ氏は、電子メールで送られてきた6月分明細書を開いて仰天した。残高が「9京2233兆7203億6854万7800ドル」と記載されていたからだ。

これは、世界の長者番付トップに君臨するメキシコの通信王、カルロス・スリム氏の資産670億ドルを、さらに100万倍した額をしのぐ。現実だとしたら、断然トップの大富豪だ。

「だれかがいたずらでもしたのだろうか」と、レイノルズ氏は首をかしげる。オンラインでログインして確認すると、残高は事実通り「0ドル」となっていた。同氏はサイドビジネスとして米ネット競売サイト「イーベイ」に中古自動車部品を出品しているが、ペイパルの残高は独BMWのビンテージタイヤ一式が売れた時の1000ドル余りがこれまでの最高記録だという。

ペイパル側はミスを認め、「レイノルズ氏のご理解に感謝します」とコメント。おわびとして、同氏の指定する寄付先に一定金額を贈ると申し出た。具体的な額は明らかでない。

もしも9京ドルの資産が現実だったら何をするかという質問に、レイノルズ氏は「米政府の債務を完済するだろう」と答えた。

メールマガジン

[PR]