五輪候補の女子サーフィン選手、練習中雷に打たれ死亡 エルサルバドル

女子サーフィン選手、練習中に落雷で死亡

(CNN) 中米エルサルバドルで東京オリンピック(五輪)出場を目指して練習していた女子サーフィン選手のカテリネ・ディアスさん(22)が、雷に打たれて死亡した。同国のサーフィン連盟が確認した。ディアスさんはオリンピック代表を選ぶ最終選考会に出場する予定だった。

同連盟によると、ディアスさんは19日、エルサルバドル南西部エルトゥンコビーチの海上で練習中に落雷に遭った。

当時一緒に海上にいたというディアスさんのおじのベト・ディアスさんは地元紙の取材に対し、「カテリネが(友人を)ハグしに来て、ハグが終わった直後にあの音が聞こえた」「彼女も友人も雷の威力で投げ出され、私はボードから放り出された。カテリネは即死だった」と振り返った。

エルサルバドルで5月29日~6月6日まで開かれる国際サーフィン連盟(ISA)のワールドサーフィンゲームスは、東京2020オリンピック代表を選ぶ最終選考会を兼ねている。サーフィンは今回初めてオリンピックの正式競技に選ばれた。

ディアスさんは五輪選考会に向けて練習中だった/@katherinecook7/Instagram
ディアスさんは五輪選考会に向けて練習中だった/@katherinecook7/Instagram

ディアスさんの葬儀は21日に営まれ、同国サーフィン連盟はサーフボードをもつディアスさんの遺影と花束をひつぎに添えた。追悼式典は23日に営まれる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]