英ヘンリー王子、シリコンバレーで新興企業の幹部に

ヘンリー王子がシリコンバレーにある新興企業の幹部に就任したことが分かった/Samir Hussein/WireImage/Getty Images

ヘンリー王子がシリコンバレーにある新興企業の幹部に就任したことが分かった/Samir Hussein/WireImage/Getty Images

ロンドン(CNN Business) 米カリフォルニア州シリコンバレーの新興企業、ベターアップは23日、CNN Businessに対し、 英国のヘンリー王子が同社の最高インパクト責任者(CIO)に就任したと明らかにした。王子の広報担当者も、新たな職務への就任を確認した。

ベターアップは顧客に対し、コーチングやメンタルヘルスに関するサービスを提供する。同社のウェブサイトは首脳陣のメンバーとしてヘンリー王子を挙げ、「人道主義者、退役軍人、心の健康の提唱者、環境保護論者」と紹介している。

ヘンリー王子の就任は、妻のメーガン妃とともに出演した米人気司会者、オプラ・ウィンフリー氏のインタビュー番組の放送から2週間余り後のことだった。番組内では英王室を離脱する決断などの詳細が夫妻の口から語られた。

ヘンリー王子が新興企業の幹部に就任するとの内容は、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が最初に報じた。

ベターアップでヘンリー王子は、製品戦略の意思決定や慈善寄付の業務に携わるほか、メンタルヘルスに関する話題を公に発信する役割も担うとみられる。WSJによれば、同社はヘンリー王子への報酬の額について明らかにしていない。

ヘンリー王子はベターアップのブログへの投稿で、人々を支援するという行為に関して同社のアレクシ・ロビショー最高経営責任者(CEO)と「情熱を共有している」ことが分かったと、CIO就任の理由を説明。個人的にベターアップのコーチングを受け、恩恵を得ていたとも明かした。

ヘンリー王子夫妻は王室からの離脱後、オーディオ制作会社のアーチウェル・オーディオを立ち上げ、音楽配信サービスのスポティファイと独占的なパートナー契約を結んでもいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]