米フェイスブック、データ収集の利点示す通知を表示へ

フェイスブックがアップルの端末のユーザーにデータ収集の利点を示す通知を表示する/Shutterstock

フェイスブックがアップルの端末のユーザーにデータ収集の利点を示す通知を表示する/Shutterstock

(CNN Business) 米SNS大手フェイスブックは1日、米アップルのスマートフォン「iPhone」とタブレット端末「iPad」のユーザーに対する新しい通知の試験運用を行うと明らかにした。通知はアプリによる個人データの収集の利点を強調するものとなる。この試験運用に先立ち、アップルはプライバシー設定の変更を明らかにしており、この変更はフェイスブックのコアビジネスにとって大きな打撃となる可能性を秘めている。

アップルは、アプリがインターネットを通じて行動を追跡することについて利用者から明確な許可を得ることが必要となる新しい要件を導入することにしている。この動きはターゲティング広告のためのデータ収集に依存しているフェイスブックをいら立たせている。

フェイスブックは現在、アップルとともに通知を表示して、利用者に対し、個人向けに調整された広告が中小企業やアプリの自由に役立っていることを示す取り組みを進める計画だ。

フェイスブックはブログへの投稿で、アップルのやり方について同意しないとしたものの、事業の安定性とフェイスブックのサービスを利用している人々のためにアップルの通知を表示すると述べた。

フェイスブックにとって、アップルの新しいプライバシー設定の変更は最も重要な問題だ。SNS企業はほとんどすべての売り上げを広告から得ており、利用者が追跡の許可を拒否した場合にはアップルのソフトウェアの変更が事業にとって打撃となる可能性があると投資家に対して繰り返し警告していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]