人工の皮膚、ロボットに触覚を与える

人間に近づく?、「触覚」備えたロボットの開発進む

ロンドン(CNN Business) ロボットがこれまで手の届かなかった人間の「触覚」に一歩近づいた。

研究チームは昨年10月、ロボットが物理的接触を感知して反応することを可能にする人工の皮膚を発表した。ロボットがますます身近な存在になる中、今後はこうした能力の必要性が高まりそうだ。

国際ロボット連盟の報告書によると、世界のメーカーは2017年、従業員1万人あたり約85台の産業用ロボットを使用。産業用ロボットの供給数は21年までに14%増えると予測される。

だが、職場でロボットと人間の距離が近くなると、一つの懸念として、どうやって人間と安全に触れ合うのかという問題が浮上する。

ロボットの力は人間に重傷を負わせかねないため、雇用主の側ではロボットが周囲を認識して、人間にぶつからないようにする配慮が必要だ。

イタリア工科大学の専門家、キアラ・バルトロッツィ氏は「触覚によって見えない障害物を検知し、タスク遂行に適切な力をかける可能性を与えることで、ロボットの安全な運用が可能になる。物や人、ロボット自身を傷つけずに済む」と指摘する。

合成皮膚の開発に向け、研究チームはまず人間を研究対象に据えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]