言語の絶滅、救えるか 語学アプリで探る保存の道

ネットから締め出されつつある少数言語について、絶滅の危機が叫ばれている/Justin Sullivan/Getty Images North America/Getty Images

ネットから締め出されつつある少数言語について、絶滅の危機が叫ばれている/Justin Sullivan/Getty Images North America/Getty Images

ピッツバーグ(CNN Business) 国連によると、現在世界で話されている7000の言語のうち、およそ4割が消滅の危機に瀕しており、消滅する言語は年々増えているという。

かつて、インターネット革命が言語の消滅を助長するとの懸念が広がった。今後、開発者やスマートフォンメーカーが少数言語のサポートへの投資に積極的に取り組まなければ、それらの言語を話す人々は重要な通信手段から遮断され、言語自体も過去の遺物と化してしまうだろう。

現在、一部の教育者や活動家らが、最先端技術を使ってオンライン上で少数言語を教えたり、保存する新たな方法を模索している。

アイルランド・ダブリン出身のノア・ヒッグス氏(23)もその1人だ。ヒッグス氏は17歳の時、言語学習アプリ「デュオリンゴ」を使ってフランス語の学習を始め、ふと、同アプリの開発者らは、アイルランド語のサポートの追加を検討しただろうか、と考えた。

2013年はじめの時点でデュオリンゴが対応していた言語はわずか5つだった。そのうち話す人が最も少ないのがイタリア語で、現在、全世界でイタリア語を話す人は推定6790万人だ。それに対し、アイルランド語を話す人は、18世紀のピーク時でも推定で400万人にすぎず、現在に至っては120万人前後しか存在しない。

ヒッグス氏は、デュオリンゴにアイルランド語のサポートを要望するメールを送ったが、「返信はなかった」という。

しかし、ヒッグス氏のメールは無視されたわけではなかった。米ペンシルベニア州ピッツバーグにあるデュオリンゴの本社では、「変化」が起きていた。その後5年間に、同アプリが対応する言語の数は30を超え、その中には世界で最も消滅の危機に瀕している言語の一部も含まれている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]