古いスマホが活躍、違法伐採の「音」に耳を立てる

中古のスマホを改良した監視装置を手にするトファー・ホワイト氏/Rainforest Connection

中古のスマホを改良した監視装置を手にするトファー・ホワイト氏/Rainforest Connection

(CNN) 熱帯雨林の違法伐採を阻止しようと、米国の非営利組織(NPO)がスマートフォンを使った監視装置を開発し、世界各地に設置して成果を上げている。

米NPO「レインフォレスト・コネクション(RFCx)」の設立者、トファー・ホワイト氏は2011年の夏、インドネシアでテナガザルの保護区を訪れ、熱帯雨林に響くさまざまな音に圧倒された。小鳥のさえずりや昆虫の羽音、サルの鳴き声。だがその日は森の木を切り倒し、テナガザルの生息環境を脅かすチェーンソーの音は聞こえてこなかった。

そこで思いついたのが、伐採現場の音をいち早くとらえ、現地の自然保護官にすぐ知らせることのできる仕掛けだ。

中古のアンドロイド・スマートフォンをリサイクルのプラスチック容器に入れ、追加のマイクとバッテリー、太陽光パネルを取り付ける。ホワイト氏のチームは1年後、RFCxが作ったこの装置を持ってインドネシアを再訪した。森の中で試してみると、装置はうまく作動し、2日もたたないうちに違法伐採の集団が見つかった。

木に取り付けられた監視装置/Rainforest Connection
木に取り付けられた監視装置/Rainforest Connection

機械でできた花のような形の装置を、木の根元から最大45メートルも離れた上方に取り付け、最大1.6キロの範囲から聞こえる音を24時間態勢でとらえる。ジャングルの奥からでもつながる既存の携帯電話網を使って、このデータをクラウドに送る。

クラウド上で数種類の人工知能(AI)を使ったソフトを走らせ、チェーンソーや木材搬出用のトラックの音、銃声などを検出してすぐに現地へ電話で知らせる。連絡を受けた自然保護官らは音が検出された場所を見て、不審な活動かどうかを判断するという。

違法伐採の取り締まりにはこれまで航空機や人工衛星が使われ、警告が現地に届くまでに数日から数週間かかることもあった。新しい装置を使えば、時間もコストも節約できる。

RFCxの装置は現在、ペルーやブラジルからカメルーンまで5カ国の熱帯雨林で150カ所以上に備え付けられている。

ただし、森の自然が監視の邪魔をすることもある。ペルーで取り付けた装置は、プラスチックを食い荒らすシロアリにやられてしまった。

森林には二酸化炭素を吸収し、地球温暖化を抑える働きがある。ホワイト氏によれば、1平方キロメートルの森林を伐採から守ることで減らせる温室効果ガスの量は、年間1000台の車を道路から消した場合の削減量に相当する。「気候変動を防ぐ最も低コストの方法」だろうと、同氏は話す。

違法に伐採された材木を検査する地元部族のメンバー=ブラジル/Mario Tama/Getty Images South America/Getty Images
違法に伐採された材木を検査する地元部族のメンバー=ブラジル/Mario Tama/Getty Images South America/Getty Images

だが違法伐採でもうけようとする業者は後を絶たない。現地の人々がその場に駆け付ける行動には、暴力の危険が伴う。伐採作業が本格化した段階で阻止しようとすれば危険がさらに大きくなるため、初期段階のうちに出動する必要がある。

「早く出動して早くたどり着けば、森へ向かうトラックや動き出した瞬間のチェーンソーを止めることができる」と、ホワイト氏は言う。

RFCxは同時に、自然の音からさまざまな動物の生態などを探り、環境保護に役立てる「生物音響学」の研究にも取り組んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]