米アップル、9月10日に発表会 新しいiPhone披露か

米アップルが来月10日にカリフォルニア州の本社で発表会を開催する/© 2019 APPLE INC.

米アップルが来月10日にカリフォルニア州の本社で発表会を開催する/© 2019 APPLE INC.

サンフランシスコ(CNN Business) 米アップルは29日、9月10日に開かれる発表会の招待状を報道各社に送った。予想では、スマートフォン「iPhone」の最新モデルが発表される見通しだ。

発表会は、カリフォルニア州クパティーノのアップル本社にあるスティーブ・ジョブズ・シアターで行われる。

いつものことながら、招待状では発表内容に関する具体的な説明はなく、同社の公式ロゴのリンゴに虹のような色をあしらって、「By innovation only」の文字が添えられている。

アップルがiPhoneにかける期待は大きい。iPhoneはほかのどの製品よりも、アップルを一時的に時価総額世界一の企業へと押し上げる原動力となり、今も同社最大の収益源となっている。ただ、ユーザーが手持ちのiPhoneを使う期間が長くなり、米中貿易戦争の影響もあって、最近の四半期決算ではiPhoneの売り上げが2けた台の減少に転じていた。

報道によると、アップルは今回の発表会で、「iPhone XS」「XS Max」の後継として、「Pro」モデル2機種を含む3種類の新しいiPhoneを発表する見通し。新しいProモデルでは、カメラやビデオ撮影などの機能強化が予想される。

さらに、ストリーミングテレビサービス「Apple TV+」の詳細が発表される可能性もある。

同社は過去7年の間、9月初旬に開く発表会で新しいiPhoneを披露してきた。しかし今年は、アップル製品のデザインを長年にわたって主導してきたジョニー・アイブ氏が主役を果たすことはなさそうだ。アップルは6月に、アイブ氏が同社を離れると発表していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]